春の訪れ

こんにちは!歯科衛生士の青木です(^^♪
皆様いかがお過ごしですか?

最近暖かくなり、昼間はコートが無くても過ごせる日もでてきましたね!

早く寒い冬ともおさらばしたいものです。。

ところで春は花粉症の季節でもあります。

花粉症の主な症状の一つが、鼻水・鼻づまり。酷い時には「鼻で息ができない!」という人も多いのではないでしょうか。

実はこの症状こそが、歯周病を招く原因となるのです。

鼻呼吸ができないと、自然と口呼吸になりますよね。。そうすると、口の中の水分が蒸発して、カラカラに乾いてきます。

口の中にいる菌は乾燥状態で繁殖しやすいため、その状態が続くと歯の周りに歯垢がつきやすくなってしまいます。

これが歯周病の直接的な原因となるのです。(むし歯もです。)

ちなみに花粉症の症状を抑える薬には、唾液の分泌を抑える副作用があるものも、多いので口の中の乾燥が進みかえって症状が悪化する場合ありますので注意しましょう。

長くなりましたが、これを書いている私も花粉症です。。

花粉症の方は、お互いこの季節を乗り越えて、お口の中の健康も維持していきましょう!